脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


第6回 家賃請求
第6回目の家賃請求が来た。



部屋代
     6800バーツ

水道代(1UNIT/20バーツ)
     40バーツ(2UNIT)

電気代(1UNIT/7バーツ)
     336バーツ(48UNIT)

電話代(1UNIT/5バーツ)
     0バーツ

--------------------------
     7176バーツ



今月でタイ語学校が終了します。
時を同じくして3月に一時帰国。
4月は旅行でもいって、5月からバンコクで就活しようと思っているため、約二ヶ月部屋を空けることになります。

ってことで、今月末で、とりあえず部屋を引き払うことにしました。

管理人にその旨を伝えたところ、
「もし戻ってくるなら、荷物とか置いておいてもいいよ」
なんつーありがたいお言葉が飛び出してきました。

ただ、「『無償で』ってのも悪いよな」と思い、「一ヶ月いくら払えばいいですか?」と聞いたところ、「6800B」と。

ああ、えっと、無償じゃないんだね、ママン。
勘違いしてました。

ってことで、あえなく撤退決定。
荷物移動とか面倒くせーな。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


第5回 家賃請求
第5回目の家賃請求が来た。



部屋代
     6800バーツ

水道代(1UNIT/20バーツ)
     20バーツ(UNIT)

電気代(1UNIT/7バーツ)
     238バーツ(UNIT)

電話代(1UNIT/5バーツ)
     0バーツ

--------------------------
     7058バーツ



水道代。
これはもう、安いとか云々の話でなく、「ちゃんと計算しているのか?」ということに疑問を感ジマスタ。

一人の成人男性が一ヶ月生活しているのに1UNITって。
いや、あの、あれですよ、ちゃんと毎日シャワー浴びてますよ。



んで。

年も明けるし引っ越そうと思って、2週間の休みの間にアパート探す予定だったのだが、ボーっとしてたらいつの間にか毎日が過ぎていた。
結果、探すこともせず。

今月いっぱいいたら、もうこのアパートに半年住んでいることになる。
ということは、最低契約期間達成か。
んじゃー、引っ越すときは、入居当初に預けたデポジット戻ってくるな。
結果マイペンライ。

いや、この部屋、結構快適なんだよねぇ。
部屋というか、アパートの場所が。

夜遅くまで食堂やってるし、ネットカフェもあるし、コンビニもあるし、飲み屋もあるし。
カオサン行くにも、RCA行くにも、トンロー行くにも、タクシー乗っちゃえばあんま時間かからないし。
近所に知り合いも多数住んでいるので、気が向いたときに電話して、都合がつけばすぐに一緒に飯とか行けるし。

ということで、部屋探しを決意すると時を同じくして、居心地が良くなってきました。
近所に引っ越すかな。。。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


第四回 家賃請求
第四回目の家賃請求が来た。



部屋代
     6800バーツ

水道代(1UNIT/20バーツ)
     60バーツ(UNIT)

電気代(1UNIT/7バーツ)
     385バーツ(UNIT)

電話代(1UNIT/5バーツ)
     0バーツ

--------------------------
     7245バーツ



今気付いたんだが、先月と全く同じ値段。。。

えっと、手抜きですか?

さて、そろそろ次の部屋探しでもするかな。
ス訓ビットのほうで探してみて、いい部屋なかったら、またこの周辺で探してみよう。

基本的にあまりモノを持っていないので、引越しは比較的楽だと思われ。
しかし、冷蔵庫と扇風機が厄介だな。どうすっかな、このオレの部屋では重鎮クラスにあたいする電化製品お二方。

うーん、七面倒。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


第三回 家賃請求
第三回目の家賃請求が来た。



部屋代
     6800バーツ

水道代(1UNIT/20バーツ)
     60バーツ(UNIT)

電気代(1UNIT/7バーツ)
     385バーツ(UNIT)

電話代(1UNIT/5バーツ)
     0バーツ

--------------------------
     7245バーツ



相変わらず水道代と電気代、安っ!!!

暑い日が続いてたから、結構クーラー使ってたのになぁ。
さらに、電気つけっぱなしで寝ちゃってたりとかもボイボイ(よく)あったし。

そして、最近はすっかり雨も降らなくなり、お天気もバイサーバイサー(「サバーイサバーイ」の業界用語Ver)です。みたいな。
朝は「ちょっと寒くない?」と、語尾をうわずらせる女子高生のような感想が漏れるほど、涼しくなってきました。

ちょうどいい季節ですね。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


第二回 家賃請求
第二回目の家賃請求が来た。



部屋代
     6800バーツ

水道代(1UNIT/20バーツ)
     40バーツ(2UNIT)

電気代(1UNIT/7バーツ)
     287バーツ(41UNIT)

電話代(1UNIT/5バーツ)
     0バーツ

--------------------------
     7127バーツ



今回は諸事情で、1週間ほどホテル住まいしていたため、その間は一切部屋を使ってなかった。
そのため、光熱費がお安くなったのではないか、と。

もうちょっと安いとこに引っ越したいな。。。
11月頃からアパート探しでも開始すっかな。。。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


第一回 家賃請求
第一回目の家賃請求が来た。

ボクの住んでいるマンションは、水道が1UNIT/20バーツ、電気代が1UNIT/7バーツ、電話代が1UNIT/5バーツという料金体系。



部屋代
     6800バーツ

水道代
     100バーツ
     (5UNIT×20バーツ)

電気代
     322バーツ
     (46UNIT×7バーツ)

電話代
     0バーツ
--------------------------
     7222バーツ



水道は結構使ってた気がしたのだが、意外と使っていなかった。

というのも、入居してから3週間ほど、トイレが軽く水漏れしていた。水漏れというかなんというか、ごく少量ではあるが、タンクの水が便器に常に流れだしていた。
管理人にそのことを伝え、今は直っているのだが、そんなことがあったからもっと高いかと思っていた。

で、以外に電気代が高い。いや、高いというか、UNITをいっぱい使っている。扇風機とかつけっぱなしで寝てたり(おかげで朝は声が加藤登紀子ばりにハスキーです)、夜中まで起きてたり(寝ようとすると犬が遠吠えを始めるんです)、そのせいかなぁ。

まぁ、これくらいだったら暮らしていけそうだな。あとは食費を切り詰めないとなぁ。。。生活費のためでももちろんあるけど、ダイエット的なこともね、考えないと。。。

[PR] 台湾ワーキングホリデー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。