脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


避けて通れないけど避けてみる
タイで働くにあたり、避けて通れない問題がある。



ゴルフ。



ある者はこのためにタイに渡ってくるほど、熱狂的なファンのいるこのスポーツ。

でも、ボクはゴルフ嫌いです。

最近、しきりに上司に「そろそろゴルフやらなきゃね」とか「クラブ選んであげるから」とかいわれるようになった。

オマエのその口がもげればいいのに。

いや、ホントね、ありえない。

好きな人はいいんだろうけど、ボクみたいに嫌いな人にまで押し付けてくるその魂胆。

オマエのその魂ごと腐って昇天しちゃえばいいのに。

わざわざ休日である土日のアホみたいに早い時間に起きて、上司に愛想笑い振りまいて、自腹で好きでもないことやらされる。
しかも、クラブだ、シューズだ、あれだこれだと、出費もかさむだろう。

もしこれを「仕事だからやれ」ってんなら、平日に代休とらせてもらってもOKなはずだし、会社から経費で落とされるはずだし、ゴルフが上手になるための戦略的プランがあってしかるべき。

だが、んなもん、もちろんない。

もしボクに趣味がなくって、土日暇で死にそうだとしても、違うこと探すと思う。

ということで、そろそろ言っちゃおうかな。



「ゴルフやる気ありません、ヘケケ。」
(まさかのお坊ちゃま君風微笑)



でも、これははっきりいって、うちの会社では禁句。
皆ゴルフ好きだし、ゴルフやればお客さんと仲良くなれると思ってるやつ多いし。

ってことで、これを言うときはちょっと覚悟と勇気がいる。



だから、皆オラに力をわけてくれ。
(まさかのネット上元気玉)

















さて、アイロンかけるか。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


ひといき
先週金曜。
一ヶ月ほど準備に要していた仕事がやっと終わった。

いやぁ、きつかった。

なにがきついって、誰もが誰がボールを握っているかわかっていない or 誰かに握らせたと思っていた(ボールを握る=責任を持つ)。
で、土壇場になって、「あれやってない」「これが抜けてる」などばたばたばたばた。
で、なぜかなし崩し的になんとなくボクがお叱りを受ける。。。

こいつら、皆死ねばいいのに。

とか思っても、もちろん口にはだせず、かといって、いつものように余裕がなかったのでヘラヘラとかわすこともできず、ピリピリした空気が職場を支配していた一週間でした。

来週から楽になるかというと、そういうわけでもなく、この仕事にここ一週間かかりっきりだったので、それ以外の仕事がボクを待っていてくれているようで。

待っててくれてコップンカップ。

そんなこんな、怒涛の一週間でした。
そしてなぜか、こんな状況だったのに初受注が取れました。
そして、続けて二件目の受注も取れました。

外では雷が響いています。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この仕事は君の範囲ではない。
この仕事は君の範囲ではない。





マネージャー職クラスの人間が気にしなければならない仕事について発言したら、上司にこういわれた。

だって、マネージャークラスの人たちが、誰もなにもいわないからさ。いってみたんだよ。

でも、ボクの範囲ではないらしい。

確かに、ボクにはボクの仕事があって、まだそれも満足にまわせてないのだから、そういわれても仕方ないけどさ。





以前の会社にいたとき、上司にいわれた。

「もしオマエが上のレベルを目指しているのであれば、今の職位の視点でものを考えてはいけない。上のレベルの人間の視点で考えないと、上のレベルにはあがれない。」

と。

確かに説得力があった。
上のレベルにあがりたいボクは、その言葉に納得し、そういう考え方をしようと試みていた。

そして、いつしかそういう考え方が、なんとなく身についていた気がする。





この仕事は君の範囲ではない。





あなたのいうことは、聞けないですよ、上司様。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


いやいや
ひさしびさしの更新。



会社はいってなんだかんだで2ヶ月たちました。

営業職って初めてなんだけど、何も研修や説明や資料とかもないままローラーに放り出され、提案はことごとく却下され、客との食事なのにしばしば普通に割り勘されて自腹切ったり、朝9時からチョンブリで会議とかっていう無茶ぶりされたり、そんな二ヶ月です。



で、わかりました。





仕事したら負けだな、と。





先日チャトゥチャックマーケットにいってきました。

あの活気付いたごみごみした感じと、出会いがしらに感性のびったしくる店に出会ったときの喜びは、なかなか飽きの来ないものです。

久々に財布を変えようと思い、soi4にある『70's UP』という店で財布を買いました。

この店、レトロな生地を使った小物を販売していて、財布の他にも、カード入れ、カバン、CD入れ、携帯入れなども扱っています。

派手な色使いなんだけど妙に落ち着いた配色が気に入り、チャトゥチャックいくたびに立ち寄っている店です。

今度写真とってきます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。