脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


インドな土曜
土曜日。

休みだ!!
でもやることない。

ということで、気の置けない仲間たちを呼び出し一緒に夕飯へ。
集合した面子は偶然にも活動休止中のバンドメンバーたち。

このバンドも、ギタリストがカンチャナブリへ仕事しにいってしまってから、はやくも活動休止中なんだよなぁ。。。
月2,3回くらい、土日にはバンコクに戻ってくるんだけど、なかなか時間なくて音はだせてない。

音だしてぇなぁ。。。



アソークにて集合し、皆でどの飯屋にするか検討。

最近、アソークで飯というと、Soi16のSUDA RESTAURANT(RESTAURANTとは名ばかりの、オープンエアー系食堂といったほうがしっくりくる感じ)が常飯屋みたいになっているんだけど、今日はちょっと嗜好を変えたい。



ってことで、ボーカリストの提案でスクンビットSoi3/1にあるインド料理屋へ。

この界隈はアラブ人街と呼ばれているらしく、確かにそこらかしこは顔の濃い人間がうようよしている。
看板もなにやら見たことのないウニョウニョした文字だし。

で、店に到着。

店頭にはマトンだのビーフだのチキンだのをカレーまみれにした料理がところ狭しとならんでいる。

店にはいると、これまた顔の濃い人間たちがギョロリとこちらを覗き込む。
めげずにずいずいと店の奥まで入り込み席につく。

店員のお兄ちゃん(顔が濃い)が、うさんくさい日本語をひっかけながら英語で注文をとりにくる。

マトン、チキン、ナン、タンドリー、サフランなど、オーソドックスなインド料理をくまなく頼む。

ほどなくして、タイ人ウェイトレス(顔はあまり濃くない)が料理を運んでくる。

これがねぇ、相当うまかった。
皆で相当食べて一人200バーツほど。



ただこの店、アルコールを扱っていない。



ということで、今度はSoi7か9のスポーツバーへ。

皆で酒を酌み交わし、大騒ぎしながら、馬鹿話に花を咲かせる。

いやぁ、なんていい休日だろう。





インド料理屋いってるときにふと思ったんだけど、なんだろうね、このアットホームな雰囲気。

お互いを尊重しつつ、でも言いたいことは言い合える。
信頼できる仲間であり、外国に住む同士であり、感覚を共有するメンバーでもある。

そんな友人が此処バンコクにもできて、本当良かったなぁ、なんてしみじみ感じた土曜日。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


あったよ、Battles
今週もいつものようにチャトゥチャックマーケット(土日限定の巨大市場)へ。

そしていつものごとくSection2~5をそぞろ歩く。

と、ふと聞き覚えのある音が耳にはいってきた。
そのCD店は、いつも通りかかってる店で、気にはなっていたのだが、ちゃんと入店したことがなかったCD店。



店員さんに、

「今流している曲は誰の曲?」

と聞くと、

「これだよ」

と差し出されたCDには『styrofoam』の文字が。





キタ、コレ。
バンコク、キタヨ、コレ。





CD warehouse、DOREME(@サイアムスクエア)でも扱っているかどうか怪しいくらいの深度を誇るCDが、店頭で流れているなんて。

いや、ボクが知らないだけかもしれないけど、バンコクでこの深度を探すのって、けっこう骨折り折りなのですよ。



以前、ビジネスVISAをとりにシンガポールへいった。

時間を持て余し、HMVとかで試聴しまくってるときに、Battlesの新譜が発売されているのを知った。

そのときはもうシンガポールドルがほぼなかったから、手をだせなかった。



ボクはその店で聞いてみた。



「あのぅ、Battlesってありますか?」



そして店員は答えた。



「え???」



おぅ、相変わらず英語が死に体 orz。

紙に『Battles』と書くと、「おぅ、それね!」とばかりに頷き、「『Yeah Yeah Yeahs』のCDの後ろにあるよ」と。

おそるおそるCDをどかしてみる。






battles_front.jpg



あった、きたこれ。
新譜キタ、コレ。



迷い無くすぐに購入。



いやぁ、まさかバンコクの、しかもチャトゥチャックでこんな深度に遭遇するとはね。

でも、安心してください。






















battles_cd.jpg


もちろんコピー品。



でも、

battles_back.jpg




バックプリントもばっちり。



今度はここの店員さんのお勧めでも聞いて購入してみよう。

-------------------------------------
店情報
 GRAVITON
  Section 3 Soi 43/1 No.091

[PR] 台湾ワーキングホリデー


めなーむ
いやいや、すごいね。

地面に穴をあけんとばかりに、地に打ち付けられる雨が、道を川にしてました。

家の前の小道は、入り口からマンションまでの約300M、いっさいがっさい川になってました。
ここまですごいのは初めてだ。

幸い、今日は上司と食事会で、その上司の車で家に帰れたため、まったく被害をこうむらなかったが、車なかったらまずかったろうね、こればっかりは。

車の中から眺める車外には、靴を手に持ち、クルブシくらいまで浸かりながら歩いている人々が。。。



ぷ。



さ、まだ完全回復してないから、シャワー浴びて寝よう。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


わんゆっと
えっと、会社休みました。

昨日から体がだるく、頭の端がきりきりと痛み、「こりゃまずいかな」と思っていた。

で、昨晩、異常に体が熱くなり、唸りながら就寝。
朝、起き上がってみると目眩がして立ってられない。



ってことで、休んじゃいました。



いやぁ、体力にはそれなりの自信があったんだけどね。
こっちきてから、たまには風邪ひくことあったけど、腹壊したことないし、病院にいったこともない。

うーん、じわじわと疲労がたまっていたのか。。。



それにしても、やることがなく、一日家にいるってのは飽きるね。

仕事始めてからは、「ニートの頃が一番楽でよかった」と思っていたんだけど、なにもしないのは、それはそれで飽きる。

まぁ、だからといって、仕事はつまらないし、やらなくていいならやりたくないんだけどさ。



さて、今日一日はゆっくり静養し、明日に備えるか。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


らふめん
昼飯、
8番ラーメンで「唐麺」。



夕飯、
もっこりラーメンで「仙台辛味噌ラーメン」。



来タイ当初、「こんなのラーメンじゃねぇ」と次課長の河本ばりにサイアムの中心で叫んでいたのだが(初めて入ったのがサイアムセンター店でした)、いまやすっかりローテーションに組み込まれている8番ラーメン。

いや、結構ね、値段の割に頑張ってる味なんですよ。
緑茶も甘くないし。

ってか、緑茶が甘くないことが売りになるってどんなだよ。。。



もっこりラーメンは本日初。

麺大盛にしたんだけど、いや、なかなかに量が多い。
ボクは結構いっぱい食べるほうだと自分では思っていて、昨日は大戸屋でご飯を5杯おかわりした。

そんなボクでも、大盛はなかなかの量だと思った。

で、なにより店員さんが気持ちのいい挨拶をしてくれる。
いらっしゃいませ、ありがとうございました、と、大きな声でしっかりと。

なんでも10/1からシーロムに支店ができるとか。
そりゃ、この値段でこの量でこのサービスだったら人気でるわな。



そんなラーメンな一日でした。

[PR] 台湾ワーキングホリデー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。