脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


ちょっとした旅の記憶 4/10
実質、チェンマイ1日目。

チェンマイの旧市街を散策することに。

旧市街を歩くと、そこかしこにワット(寺)が存在している。
ちょっと歩くと右手にワット。そして、またちょっと歩くと左手にワット。

ふらふらとそぞろに歩きながら、なんとなくはいってみたくなったワットに入りお参りする。

09.jpg

11.jpg



夕飯はピン川という川沿いにあるレストランでタイ料理。

12.jpg


夕食後、レストランからほど近くに明かりが瞬いているのを見つけ、そちらのほうへいってみる。

そこは地元民用のナイトマーケットらしく、ホテルから近いナイトマーケットとは客層も違ったし、扱っている品物も違った。

フルーツ、ご飯のおかず、衣料品、日用雑貨。。。

その日の夕食を求めに訪れているのであろうタイ人のおばさんや、着飾る衣服を求めにきている若者たちの姿を見つつ、ボクらも市場を散策する。



いったんホテルへ戻ったあと、地元の人たちが遊びに行くというニマンヘミン通りにあるディスコへ。

バンドの演奏レベルはいまいちだったものの、バンコクではあまり見たことがない「Groove Riders」や「TATTOO COLOUR」などの曲も演奏されていて、それなりに満足。



旧市街のお堀近くにあるクイティアオ屋で夜食をとって、家路についた。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/102-1d3e6b32



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。