脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


ちょっとした旅の記憶 4/15
ウドンタニーの第二バスターミナルには早朝6:30ころに到着した。

長い間同じような姿勢であったためか、首の後ろ辺りに鈍痛を覚えながら、第一バスターミナルへトゥクトゥクで向かった。

ノンカーイへは第一バスターミナルから向かう。
そのため、第一バスターミナル目の前のゲストハウスに泊まることにした。

風呂トイレ付き(水シャワー)、テレビ付き、ファンで一泊200B。

18.jpg

21.jpg

チェックインし、数時間の仮眠をとったあと、町の散策に。



町を散策していると、やはりというか、水掛祭り中のため全身ずぶぬれに。
ただ、チェンマイと違い、そんなに盛大にはやっておらず、人数もまばらであった。

19.jpg



1時間ほど町歩きをし、ゲストハウスの近くに差し掛かると、水掛をやっているタイ人団体からお呼びがかかった。

特にすることもないので、一緒に遊ばせてもらうことに。



ここでも、ソンテウをとめては乗客を水浸しにし、バイクをとめては「おい、バイク壊れちゃうよ」ってくらいに水をぶっ掛ける@20人分くらい。

また、チェンマイでは見なかった、噂に名高い白いパウダーを、道行く人たちに塗りたくっている。

ボクも全身白くなりながら、S心を落ち着かせるべく、水掛に励んだ。



水に濡れたくない人は、ビニールカッパのようなものを着て、防水しながらバイクを運転している。

ボクのS心は叫んだ。





ふざけるな、と。





そのバイクの前に立ちはだかり、まずはそのバイクをとめる。

驚いたような、怒ったような表情の運転手。
ボクがバケツいっぱいに水を携えていることを見ると、やがてすぐに表情は恐怖の面持ちに変わった。

カッパが唯一その防水性を発揮できない場所。



そう、顔面部分。



顔面部分から、存分に水をそそいであげた。

植物に水を与えるように、厳かに、それでいて柔らかく、バケツのなかの水がなくなるまで、水をそそいであげた@バケツの水はおよそ5リットル。



運転手は何かを諦めたような顔になり、寂れた笑顔で、

「khoopkhun(ありがとう)」

とボクにいった。

ボクは満面の笑みを顔いっぱいにたたえてこたえた。

「mai pen rai(気にするな)」





夜も7時を回ったころ、水掛は終了した。

水掛終了後、水掛会場であった水掛け隊の隊長の家では、ガンパナン(ギャンブル)が始まった。

コイン二枚を皿ではさみ、数回振り、表裏を当てさせるゲーム。

もちろん、鴨まっしぐらにされそうだったのでボクは参加しなかったが、振舞われたお酒と料理はありがたくいただいた。



酔いがまわり、寒さのためか酒のためか、頭の奥のほうに鈍痛を感じ始めたため、ボクはゲストハウスへ戻った。

明日はノンカーイへのバスを調べにいこうと思う。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント
こんばんは
ウドンタニーもいかれたんですか?
私もソンクラーンはウドンタニーで過ごしました。
もっとも水掛けには参加しませんでしたが。
【2007/04/17 22:33】 URL | トゥッ・ムー #FmGXWREE [ 編集]

はじめまして。

ウドンタニーにもいってきました。
水掛はチェンマイで参加してきたので、ウドンタニーでは参加しないつもりだったのですが、参加しちゃいました。
【2007/05/01 01:27】 URL | geene #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/107-e3c7f0df



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。