脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


住居の選定
長期滞在するにあたり、かなり重要なのが住居。
ここが生活の基盤となり、学校や買い物や、その他移動の要となる。

ということで、予算はもちろんのこと、住居を決めるにあたっての個人的な重要事項をまとめてから住居探しを開始した。


●料金面
・月額が5000~6000B
・最低契約期間が短い
・デポジットの値段と返還条件が明確

●セキュリティー面
・警備員が24時間常駐しているか
・ベランダから隣人が侵入できるかいなか

●部屋の設備面
・備え付け家具の充実度
・電話線の自動切断の有無
・エアコンの温度調節機能有無

●アパートの立地面
・公共の交通機関(電車、バスなど)の有無
・コンビニやスーパーの有無
・ネットカフェの有無
・屋台やレストランの充実度


まぁ、こんな感じ。
この条件になるべく合致するアパートを探すべく、いざ出発。

が、どこも「マイ ミー ホーン ワーン(空き部屋ないよ)」ばかり。。。 _| ̄|○

今回探したのは以下の場所。


・プラトゥーナム周辺(インドラリージェントホテルの向かいくらい)
・ラチャテウィー周辺(ペッブリーsoi5 soi7 あたり)
・ビクトリーモニュメント周辺(soiランナムあたり)


歩き回って歩き回って、アパートと思われるビルに片っ端からあたっていったのですが、ほとんどが満室でした。

そのなかでも、上記の条件にほぼ合致する物件がなんとか見つかり契約しました。
現在部屋の備品を買い揃えているところ。

月額は6800Bと予算をオーバーしたものの、なかなかに広く、キレイな部屋。立地面も条件にびったしあってるし、セキュリティーもしっかりしてる。
これでテレビと冷蔵庫も備え付けだったら完璧だったのになぁ。。。

今はテレビなし、冷蔵庫なしと、文明から離れ気味の生活。
いつもぬるい水を飲んでおります。
ありがとうございます。

※住居を探す際に参考にしたサイトです。
Sawasdee Thailand

小林株式会社

study in thailand
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント
おじゃましまーす。
基本的に、自慢ブログを広めるためにいろいろコメントしてます。
お気に障りましたら申し訳ない。

ダイエットって誰でも興味があって、美に費やすお金って結構
ありますね!
www.forcejapan-world.com/v-quest
どなたかもしオーナーや代理店の方いましたらば、情報交換いたしましょう。

では。
お金持ちになっても高級車なんてかいませーん!
より。

【2006/08/10 04:40】 URL | あべあべさん #mQop/nM. [ 編集]

はじめまして。
僕も10月にはバンコクに行きます。
学校もAAAにしようと考えています。
アパート探しの参考にしたいので、よろしければ室内写真をUPしてもらえないでしょうか?
今後もいろいろ参考にさせていただきますので、更新がんばってください。
それでは、また。
【2006/08/16 00:20】 URL | りょう #- [ 編集]

今日の記事にて部屋の写真を数枚UPしてみました。
いかがでしょう?

参考にしていただけると、このブログを書いている甲斐があります。
今後とも、よろしくお願いいたします。
【2006/08/18 23:56】 URL | geene #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/11-0b1f3b75



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。