脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


ラオスでのVISAとりのススメ
今回の小旅行ではタイの観光VISAもとってきました。
ラオスで簡単にとってこれたので、一応その体験記ってことで残しておきます。

なんでも噂によると、カンボジアへVISAクリアやVISA取りいってた人たちは、諸所の事情よりラオスに流れてきているらしいです。
カンボジアでは、なんでも入国の際に「タイから第三国への帰国便のチケット」なるものがないと入国できないようになっただかなんだか、っていうのを聞きました。
また、カンボジアに入国するにはVISAが必要です。

その点、ラオスはゆるくて、別にそんなチケットなくてOKだし、2007年の1月より、日本人はVISAなしでラオスに入国ができる(15日間)し。

ってことで、今後もラオスへのVISA取りに人が殺到していくのかな、と。
しかも、ツアーとかに参加しなくても、手続きとか自力で余裕だったし。

では、ボクの観光VISA取得体験記です。



●タイ出国~ラオス入国
ラオスには「ノンカーイ」というタイ東北部の街から入国できます。

ノンカーイのバスターミナルまでいき、ラオスのビエンチャンまでの国際バスに乗れば、2時間ほどで到着します。
※「ウドンタニー」という東北地方の街からも、ビエンチャンへの国際バスがでています。

ノンカーイへは、バンコクのモーチット バスターミナルから直行バスがでているようです。
※ボクはチェンマイ→ウドンタニー→ノンカーイと渡ったので、詳しいことわかりません。
 が、モーチットに行けば、旅行会社がたくさんあり、そのなかのどれかを選べばOKです。
 VIPバスで片道700バーツくらいらしいです。

出発時間と料金はこちらの写真で。

thai_lao_interbus.jpg
☆普通の大型バスです。

thai_lao_interbus_time.jpg
☆時刻表です。

持ち物はパスポートだけでOK。
途中ラオスに入国する際に、ラオス用の出入国カードの記入が必要となりますが、事前に用意する必要はないです。
ラオスのイミグレでもらえます。

別ルートとして、

ノンカーイ ― トゥクトゥク ―> タイ国境 ― 歩きでタイラオス友好橋渡り ―> ラオス国境 ― トゥクトゥク ―> ビエンチャン

というのもあるそうなのですが、大して値段は変わらないくせに、結構長い距離の橋を自力で歩ききらなきゃいけなかったり、トゥクトゥクを自分で捕まえて交渉したり、面倒事が多いです。

なので、国際バスがお勧めです。



ノンカーイでバスに乗ると、まずはタイのイミグレーション(出国)に向かいます。
いったんバスを降り、イミグレにパスポートを提示すれば、すんなりと出国させてもらえます。

thai_immi_syukkoku.jpg
☆タイのイミグレ(出国)です。楽勝です。

出国後は再度バスに乗り込み、タイ=ラオス友好橋を渡ります。

10分ほどでラオスのイミグレ(入国)に着きます。

lao_immi_nyuukoku.jpg
☆ラオスのイミグレ(入国)です。ばばぁに横入りされました。しかも5人ほどに。間違えて友好橋から川に落ちちゃっとけばよかったのにと思いました。

ここでも再度バスを降ります。

ここでボクはちょっと手間取ったのですが、受付らしきところには出入国カードがありません。
なので、とりあえず長い列に並び、自分の番になったんで「カード持ってないんだけど、どうすればいいか?」と聞いたところ、「これに書いてからもう一回並べ」と、ケロンパがたまにキンキンを見るときの凍りつくようなまでに無愛想な顔で言われました。

lao_card.jpg


ふと周りを見ると、列に関係なく、イミグレボックスでカードをもらっている人たちがいたので(まぁ、横入りですね)、そういう方法でさっさとカードだけもらっちゃうのもありみたいです。
で、並びながら書く、と。

ラオスへの入国自体では特に手間取ることはなく、すんなりと入国できました。



またバスに乗り込み、ビエンチャンのバスターミナルまで向かいます。

ビエンチャンに着くと、客引きのトゥクトゥクたちがものすごくうるさいです。
一人一人の住所を聞いて家に爆弾を送ってやろうかと思うほどうるさいです。

宿はメコン川沿いに林立しているので、そっちのほうまで歩いていくか、トゥクトゥクに乗せられてみてもいいでしょう。
市内までは20バーツ or 5000キップほどです。それ以上だったら、軽くぼったくられているでしょうが、まぁ、たいした金額をぼったくってくるわけではないようです。



ちなみに、ビエンチャンではバーツを使えますが、レートが悪いです。
現在のレートは、

10,000キップ = 約100円 = 約30バーツ

って感じなので、例えば上のトゥクトゥクの例でみると、、、

5,000キップ = 約50円 = 約15バーツ

と、若干レートが悪いです。



なので、必要な分だけキップに両替しといたほうが、余計な出費を抑えられるでしょう。



●ビエンチャンでのタイ観光VISA申請

ビエンチャンのタイ大使館は町外れにあります。
町でトゥクトゥク捕まえていきましょう。
片道5000キップでいけます。
が、だいたいは10000キップから交渉スタートです。

patuusai.jpg
☆パトゥーサイという門です。これを抜けれでちょっといくと大使館に着きます。


タイVISAの申請には、以下のモノを持っていきましょう。



・パスポート(残存期間が最低6ヶ月以上)
・写真×2枚(「最近の写真」とあるが、別に気にしなくてもOKぽい。規格も決められていたが、僕は4×3で押し通した。)
・パスポートのコピー(大使館近くのコピー屋でやってもらったのだが、顔写真ページと、ラオス入国スタンプが押してあるページのコピーをとられた。)
・申請料(観光VISAは1000バーツでした)



なお、上記の他に、大使館にある「VISA申請書」も、あわせて必要になります。

summary_visa.jpg
☆申請書の裏面の注意書きです。

この申請書。大使館内に、もちろん無料で置いてあります。
が、外にたむろってる悪徳業者たちが、大使館に着いた外人たちに、「1枚20バーツ」と、この申請書を売りつけてきます。
まぁ、所詮20バーツなので、大して悪徳でもないのですが、まぁ、申請書は無料で手に入るのでご注意ください。



また、在ビエンチャン タイ大使館の営業時間は以下のようです。



・営業日 : 月曜から金曜(祝祭日を除)
・営業時間: VISAの申請 ⇒ 8:30~12:00
       VISAの受取 ⇒ 13:00~15:00



ボクの場合、人がたくさん並んでいたということもあり、12時ギリギリくらいにやっと申請ができました。

lao_thai_emb01.jpg

lao_thai_emb02.jpg
☆超並んでました。皆帰ればいいのに。

「この人数だから、もしかして『明日の発給は無理』とかいわれるんじゃないかなぁ」と、もしそうだったことを考えて若干キレ気味だったのですが、無事翌日には発給されました。



●ラオス出国~タイ入国

こちらも、ビエンチャンのバスターミナルからでている、ノンカーイ行きの国際バスでラオス出国⇒タイ入国します。
手順は、往路と方向が逆になるだけで一緒です。

lao_immi_syukkoku.jpg
☆ラオスのイミグレ(出国)です。

thai_immi_nyuukoku01.jpg
☆タイのイミグレ(入国)です。
thai_immi_nyuukoku02.jpg
☆犬がだるそうに寝てました。どうやって生きているのだろう。。。イミグレの職員がご飯あげてるのだろうか。

ノンカーイのバスターミナルについたら、バスターミナルの周りを囲むように旅行会社が点在しているので、そこで目的地までのVIPバスのチケットが買えます。

もしバンコクへいくのであれば、ぜひVIPバスを利用することをお勧めします。
ひどく痛い目にあっているので。。。

tobangkok_time.jpg
☆これが地獄のバスの時刻表です。決して乗らないでください。


まぁ、こんなとこです。
簡単です。
自力で余裕です。

「陸路で越える国境」という行為にとても期待していたのですが、そんな期待を抱いていたことすら忘れるくらい、タイ⇔ラオス間の国境は緊張感がなかったです。

親が申請しているあいだに、その横をすり抜けていく子どもたち。
イミグレボックスの前で寝ている犬。
関税のチェックなど微塵も感じられない越境。


ゆるい空気をそのままひきずっていっても、VISAは申請できました。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント
こんにちは。
来月でEDビザが切れるので、自分もビエンチャンまでビザ取りに行く予定です。
もちろんツアーではなく自力で行きます。
昨年にノンカーイまでは行きましたが、ビエンチャンは今回が初めてですので、いろいろ参考にさせていただきます。
【2007/05/08 16:23】 URL | O-157 #- [ 編集]

自力で余裕だと思います。

バンコク~ノンカーイ間は、ぜひVIPバス(or 999バス)でいかれることをお勧めします。

ED VISAの延長ってできないんですか?確か、そっちのほうが楽だった気がするのですが。。。
【2007/05/09 01:38】 URL | geene #- [ 編集]

タイ語学校は今のレベルで最後です。
アドバンスコースも受ける友人は延長してますが、自分は受けないので延長は無理なんです。
しばらくはツーリストビザで滞在しながら旅行したり就職活動します。
【2007/05/09 16:58】 URL | O-157 #- [ 編集]

おひさしぶりです、脱兎です(=゚ω゚)ノ
先日ノーンカーイからビエンチャンまで、イミグレから出てる乗り合いバスで渡りましたが、
確か友好橋は徒歩じゃ渡れなくなっていたよーな気がします・・・・・・
確認はしてませんので定かではありませんが、そんな空気ぷんぷんでしたヽ(;´Д`)ノ
【2007/05/09 21:30】 URL | 脱兎 #5otvMuNk [ 編集]

> O-157さん
なるほど、そういえば授業分だけでしたね、延長できるのって。
就職活動、お互いがんばりましょう。
ってか、ボクはまったくもって危機感なくて困っているのですが。。。

>脱兎さん
おざす。おひさす。

俺のときは、友好橋を歩いて渡っているタイ人orラオス人がバス内から確認できました。
やつら、もしかしたら勝手に。。。
【2007/05/09 23:45】 URL | geene #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/114-bfe3026c

ラオスについて

ラオス 国旗画像 =Flag of Laos.svg| 国章画像 =| 国章リンク =(ラオスの国章|国章)| 標語 =''Xxxxx'' (クメール語: 平和、独立、民主主義、統一、繁栄)| 位置画像 =LocationLaos.png| 公 アジアの国々【2007/05/24 12:35】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。