脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


一時帰国 総括
結局一ヶ月ほど日本に帰っていた。
この一ヶ月で多くの友人や恩師に再会することができた。

タイの友人たちと遊びにいけない一ヶ月は寂しく、日本の友人たちと遊びにいける一ヶ月は楽しかった。



会う人会う人、全員に「全然変わらないね。」といわれた。「久しぶりな感じがまったくしない。」と。

半年強日本を離れただけだから、外見的な変化はほぼないだろうが、なにより内面的な、友人と会うときのテンションが以前と同じままだったから、そういう印象を受けたのだと思う。

事実、性格や内面的なことが変わるほどの経験はまだしていない。
これから、これから。



「海外に住んでみてどう?」
「なんか自分のなかで心境は変わった?」



皆に聞かれた。
ボクはこの質問に、決まってこう答えた。



「普通。」



旅行で遊びにきていたときは、浮き足立ってフワフワと、非日常を楽しんだ。
たいしてわかってもいない外国のことを、さもすべてをわかったかのように大仰に土産話をした。

だが、たとえそれが海外だとしても、住むということは、それは「日常」となる。

腹が減れば何かを口にし、眠くなれば横になり目を閉じる。

まだ一年も経っていないけど、いればいるほどわからないことが増えていくだけで、胸を張って「わかる」っていえるのは自分が経験したことだけだ。
それも、そのタイミングの経験なだけで、これからも同じことがいえるかなんてわからない。

ボクがわかったことは「まだわからないことがたくさんある」ってことだった。



だから、ボクの答えは「普通。」だった。

今は普通に生活をしているだけ。
今のボクは、ただそれだけの存在だ。



恩師に聞かれた。



「なにか得たものはあったかい?」



ボクは答えた。



「まだです。これからです。」



そう、これから、これから。
まだ、これから、これから。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント
で、とりあえずタイ?それとも日本に?
【2007/05/17 00:21】 URL | 優柔不断 #mQop/nM. [ 編集]

はじめまして。
お知り合いの方でしょうか。

質問の意味がいまいち。。。
どういう意味ですか?
【2007/05/18 01:34】 URL | geene #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/120-53a003e2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。