脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


舗装されるスクンヴィット
バンコクは大都市だ。

大きな商業施設があり(無駄な空間多いけどね)、大通りがあり(大渋滞でイライラするけどね)、空中には電車が通ってる(3両しかないからすぐに満員になるけどね)。

世界各国を旅して周ってきた人も、「バンコクほどの大都市はなかなかない」といっていた。



が、歩道がひどい。



世界で2番目に貧相な首都といわれるラオスのビエンチャンですら、歩道を歩くのには苦労しない。

が、バンコクでは下を見ながら歩かないと歩けない。危ない、といってしまってもいい。

「バンコクの渋谷」といわれるサイアムあたりも歩きにくいし、「バンコクの青山」といわれるランスアンも、「バンコクの銀座」といわれるプロンポンも、「バンコクの荻窪」といわれるオンヌットも、歩きにくいことこのうえなし。



ガタガタの道。ところどころ水道管は突き出ている。舗装途中で工事が投げ出されている。



が、最近、スクンヴィットだけなのだろうか、道の舗装が急ピッチでおこなわれている。

コンクリで平らに固められた歩道は歩きやすく、下を向かずに歩くことができる。

まぁ、それが普通、「歩道」というものなんだろうけど。



バンコクも、形だけでなく、本当の意味で「都市」となっていくのかなぁ、なんて思った日曜日。やることなし。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/127-e675c10f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。