脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


凛としたその姿勢には
日本映画の『Hula Girl』を見てきた。

小さい頃、祖母の故郷である福島にいった際、「常磐ハワイアンセンター」にいったことがあった。
なので、なんとなしに見てみたのだが、これがヒット・ヒット・ヒットですよ。



炭鉱での労働だけで生活を支えてきた村の話。
主な燃料が石油にとって代わられた時代。
炭鉱夫たちは大幅にリストラされる。
そんななか持ち上がったプロジェクトは「極寒の東北地方にハワイを作る」というもの。
そんな夢のような物語に夢を見るものがいて、翻弄されるものがいて、抵抗するものがいて、それでも生きるために、それぞれ皆がそれぞれの決断をする。



主演の青井優や、松雪泰子、南海キャンディーズのしずちゃんなど、多分、初めてハワイアンダンスを勉強したと思うんだけど、いや、凄かった。
稚拙な表現なんだけど、「凄い」という言葉しか浮かんでこなかった。
もちろん、カメラワークだとか、映画の物語だとか、そういうものも関係しているのだろうけど、でも、凄かった。

なんか、それだけで涙腺が綻んだ。



ダンスをしているその凛とした姿勢には、屈強な意志と明確な存在が宿っていた。



その姿には、当初反対していた人たちも心動かされる。

そこには葛藤しながら戦う母がいて、仕事をまっとうしようとする男がいて、影ながら支える兄がいて、疑問を持ちつつもやり遂げようとするプロジェクトリーダーがいる。



なにかを成し遂げた人たちの物語は、なんかもうドラマですよね。
まぁ、これも映画なんだけど、実際の創業時は、映画よりも壮大なドラマがあったんだろうなぁ、と。

なにかを変えたくて、なにかを始める人たち。

それを凛とした姿勢でできるようになれば、ボクもレベルアップできるんだろうなぁ。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント
仕事始めはいつですか?
【2007/07/02 12:22】 URL | mt908 #- [ 編集]

>mt908さん
今週月曜から始まってます。。。
3日目にして疲労困憊です。。。
【2007/07/05 00:51】 URL | geene #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/148-d7727f80



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。