脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


ガポールへVISAとり 2日目
6/27 7:00 起床。



タイ大使館は9時頃からオープンとのことなので、8時にドミをでて、大使館のあるオーチャードへ向かう。

オーチャードは、いわば日本の銀座、みたいな。

高級デパートがここぞとばかりに立ち並び、買い物客を次々と飲み込んでいく街。

で、8:30に着いちゃったよ、大使館。
眉毛がつながってる守衛の兄ちゃんに「もうちょっとしてから来い」っていわれたよ。
いや、お前、完全眉毛繋がりすぎ。



と、心の悪態をつきつつ、近場にあったフードコートへ。

薄気味の悪い色をしたソースがかかっている叉焼飯をいただく。
意外や意外、けっこうあっさりしたお味。



朝食を済ませ、眉毛がつながっているところへ。

大使館にて申請書を受け取り、事前に用意しておいた以下の書類を申請書とともに提出。

・会社からの奨励状
・大学卒業証明書(英文)
・在職証明書(英文)
・パスポート
・パスポートのコピー
・照明写真

すると、アラブ顔した大使館員が、このうえなく無愛想に、

「これ、いらねぇから」

的な態度でほぼ全ての書類を返してきた。

受け取ったのは会社からの奨励状と照明写真付の申請書とパスポートだけ。
ちょっと不安だったから、

「ホントにいらないの?」

と聞くも、

「いらねぇよ、ボケ」

といわれたので、いつか火をつけてやろうと誓い退散。



オーチャード通りをそぞろに歩き、さて観光にでもいくか。



まずはリトルインディア。

うわ、インド人多っ。
うわ、飲み物ピンク色っ。



ラッフルズにマーライオンを見に。

うわ、小さっ。
うわ、背中に四角いボックスっ。



チャイナタウンへ。

うわ、漢字っ。
声でかっ。



にしてもさ。

ガポールって綺麗だね。
ちょっと歩くと、すぐ六本木ヒルズ的な建物がそびえている。

国土が狭かったり、国策で街ごと改良したり、いろいろやったことの賜物なんだろうけど、すごいな、と。

いや、とにかく綺麗。



まぁ、そんな国でした。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント
お仕事が忙しかったためですね。

最初から飛ばし過ぎないように・・・・・
【2007/07/17 11:35】 URL | mt908 #- [ 編集]

お心遣い、ありがとうございます。

無事にとれました。
【2007/07/26 03:05】 URL | geene #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/152-d9018174



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。