脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


二日目
今日も軌跡の8:15出社。
二日目にして早くも死にそう。

今日は9時から健康診断をしにいく予定。
昨日そう人事部の人にお願いしといたが、多分忘れてるので5分前くらいに聞きに行く。


「あ、そうでしたね。ちょっと待っててください。」


完璧に忘れてる顔してらっしゃったチューズデー。

運転手付の車で病院へ。
着いてみると、そこは高級ホテルかのような病院が。

俺がシンガポールで泊まったドミトリーより断然いい感じなんですが。。。

で、診療代もそれなり。まぁ会社が払ってくれるからいいんだけど。
でもタイ語で診断。。。
いや、なんか難しい医療単語いわれても意味プーなんですが。



で、昼前くらいに会社に戻ったんだけど、まだ直属の上司がきてない。パソコンもきてない。

嗚呼、今日もこういう展開ね。。。



・政府に問い合わせるための書類を請求しにいく@人事部
・昨日に引き続き名刺を発注しに行く@人事部
・やることが全くないので、「ここの会社と部とチームの展望と課題と目標を教えてください」とお願いしに行く@部門長
・日本から持参した資料を読みながら営業に必要と思われるスキルの洗い出し@自分のデスク



夕方近くになり直属上司出社。熱出しちゃってたらしい。

で、やっとパソコンも届き、わからない用語や製品の概要をぐぐる。

そうこうしているうち、すでに19時近く。

オレ、残業代でないんだよね。。。
もう帰っちゃおう。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/156-3cd5b545



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。