脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


やったよ、オレ、やったよ
土曜日、久々にカオサンいってきました。
友人が次から次へと参加してきて、最終的に10名以上になりました。

それはもう、楽しくて、楽しくて、注がれて注いで注がれて注がれて注がれて注がれて注がれて。。。




























































記憶LOST。




いやね、途中からさ、やばいと思ったのよ。
だってまっすぐ歩けないんだもん。

おぼろげな記憶をたどってみたんだけど、まるでサスペンス映画の宣伝のように、断片的な記憶が蘇ってくるんですよ。



まずはトイレへいくとき。

まっすぐ歩けないボクを友人が後ろから支えてくれてたんだけど、なんかね、妙に床が平行じゃないんですよ。

ええ、やってやりましたよ、道行く人全員の足を踏みながら歩いてましたね、ええ。





次に気付いたときは、ディスコの外の道で寝てました。

ええ、ディスコの中にしては、妙に明るいと思ってたんですよ。
完全に横になってましたね、ええ。





そして次に気付いたときは、ってか、もう半分寝てる状態なんだけど、友人に肩組まれながらタクシーに乗り込むとこでした。

親切にも、友人がボクを部屋まで送ってくれるようで、「geene君、家どこだっけ?」の問いかけに、声を発しようとするのだが、半分寝てる&力がでなくて、声がなかなかでてこない。

それでも全身の力を振り絞り、声をだした。







「あ、、、うぅ、、、お、あ、、、、うぅ、、ぅ、、、ぅ、、、、、、、๘๑







うぁ、振り絞ってタイ語でてきちゃってるよ。しかも、送ってくれてる友人って日本人なんだけど。





そんな土曜日でした。

日曜日、起きたら、まだ完全に酒が残ってて酔っ払ってる状態でした。
月曜日、いまだに気分がすぐれません。

みんな、また遊んでね。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/174-b6d2ea79



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。