脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


お腹がパンパン丸
たまにさ、無性に米がよ、食べたくなるんです。



で、昨日バンド練習のあとにパラゴンの大戸屋にいったんです。

こっちの大戸屋ってご飯おかわり自由なんです。
で、ボク結構食べるほうなんで、基本3杯、平均4杯、最高5杯おかわりするんです。

昨日は最高タイの5杯でした。

いや、ってかね、これ不可抗力だったんです。
本当は4杯でやめとこうとさ、思ったんですよ。

3杯目食べ終わって、遠慮がちに「えっと、すいません、おかわり。」っていったんですよね。
そしたらね、きっと「あ、こいつ、おかわりするくらいで恥ずかしがってやがる。気が弱えぇやつだ」とか思われたんでしょうね。
































通常の2倍の大きさの茶碗いっぱいに米粒が詰め込まれてきました。

いやいや、これね、驚愕の事実ですよ。
あまりの茶碗のでかさに、茶碗きたときちょっと吹きましたからね。

この茶碗を前にね、3杯をたいらげたお腹がいうんですよ。



いや、これ、無理。と。
普通の茶碗で4杯はいけるけど、この身なりの茶碗は制覇できないぞ、と。



ということで、完食は諦めかけたわけなのですが、でも、ちょっと待てよ、と。

これはボクに対する挑戦状なのではないか、と。
パラゴンという巨大ショッピングセンターからの、在タイ日本人に対する挑戦なのではないか、と。
確かに、厨房のほうを見たら、タイ人たちがボクを見てほくそえんでる気もしたんです。



まぁね、ここらへんから、食いすぎて頭がおかしな考えを捻りだすようになってたんです。



でね、やってやりましたよ。
悪戦苦闘の末、パラゴンに勝ちましたよ。
これでもか、ってくらい、米を食ってやりましたよ。



えっと、まぁ、それだけの話です。
なんの変哲もない男が、米を5杯分くらい食べた話です。

すいませんでした。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント
さらにその後、夕飯(コリモツ)で、ネギチャーシュー&餃子&ご飯。
そして仕上げに辛味噌ラーメン。

実はこのほうがスゴイと思いますよん☆
【2008/02/27 20:08】 URL | 完全にヤクザ☆ #- [ 編集]

そういえば、そのあともご飯食べましたね。
いやぁ、人間って不思議ですよね。

それにしても、コリモツの葱叉焼は必殺です。
【2008/02/28 02:21】 URL | geene #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/196-113dace2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。