脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


出張いかなきゃ。マンドクセ。
ついにね、この日が来ました。

そう、初出張。

明日からインドネシアにいってきます。
2泊3日の短期出張。

目的は「会議出席」です。

ボクは日系企業に勤めていて、日本では結構有名・タイではまったくの無名という会社で、世界各国に支社がある。

で、今回は東南アジア地区で日系企業を顧客としてセールスをしている各国の営業担当が集まり、各社の商況や今後の展望などを話し合う会議。

日本本社からオブザーバーがやってきて、インドネシアはもとより、ヘッドリージョンであるシンガポール、マレーシア、ベトナム、フィリピンなどの各国営業担当マネージャークラスが参加する。
















































いや、普通に荷が重いんだけど。

本当はマネージャーがいくべきなのだが、重要な仕事がある&日曜のゴルフコンペのために体調を万全にしておく必要がありボクがいくことに。

しかも、ボク、営業っていうよりプリセールスなんだよなぁ。。。純粋な営業じゃないんだけどなぁ。。。

さて、そろそろ支度するか。

あ、飛行機の時間チェックしてないや。
あ、VISAとかあるのかないのか調べなきゃ。
あ、パスポートどこいったっけ。



とりあえず、タイスタッフの皆には「インドネシアに出張いってくる。多分2,3年くらい。」と真顔で嘘をつくという意味のないことをしておいた。

皆一様に信じてたなぁ。

「たまにはタイに遊びにこいよ」とか「向こうに行っても元気でね」とか「電話とかメールとかちょうだいね」とか「寂しくなるなぁ」とか、とても温かい言葉をいただきました。いただいてしまいました。

月曜日、会社いったらお土産片手に詫び入れ行脚しとこう。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/198-ab841d35



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。