脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


蝕む代償 vol.2
オールドサイアムを一通り歩きまわり満足したあとは、次の目的、スティックの購入。

ボクはTAMAのB2155モデルのスティックを使っている。
太さ、長さ、重さがちょうどしっくりきていて、長年愛用している。

以前サイアム周辺の楽器屋をめぐった。
そこにはTAMAのスティックはなかった。
店員に「タイではTAMAを扱っていないのか?」と聞くと「中華街にいけばある」と。

中華街はずれのナコンカセムという場所に売っているとあたりをつけていたボクは、オールドサイアムからそこまで歩いていった。



LUDWIG、HARTKE、IBANEZ、TAMA。。。

ナコンカセムにつくと、そこかしこに楽器屋のカンバンが。
カンバンには、サイアムなどではみかけないメーカーの名前がぼんぼんとでている。

これは期待できそうだ。
ボクは足を踏み入れる。

今日は日曜日。
そう、ほとんどの店は閉まっていた。
そう、今日は日曜日。



若干肩が落ちたものの、せっかくここまで来たのだから、と、周辺を散歩することにした。

細い道をくねくねと練り歩く。
すると、蚤の市といった風情の市場にぶつかった。

バンコクには、まだまだ知らない地域がたくさんあるなぁ、と、心浮き立ち散歩を続けた。

くねくねと、ふらふらろ。
そぞろにそぞろに歩き回った。





そして、気付いたときには財布をすられていた。
何もなくなっていた。





きっとボクはたくさんの人を傷つけてきた。自分で気付いていないだけで。
だから、その代償を、手にしたものを無くすという虚無を、痛みとともに受け取らなくてはならなかったんだ。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/207-85a617d1

??ΤCM??å??????

??ΤCM??å?????? ??ΤCM??å??????【2008/03/23 15:19】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。