脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


みゃつんと
バンコクでの初ライブ、無事終了しました。

個人的には「ガツンと」ってレベルではできなかったなぁ、と。
「みゃつんと」くらいのレベルかな、と。

ドラムの機材に関していうと、まず椅子は事務用の椅子のようで高さの調整できず。
クラッシュシンバルは一枚 かつ ひび割れ かつ 留め金なし(叩くたびに飛んでく)。
ハイハットの位置が固定されていて調整できない。

と、確かにひどい機材なのだが、それでもうまく叩く人がいるんだから、そこを理由にしちゃったら、もう成長は見込めないな、と。
ただ、ひどい機材なりに、ベストに近いドラムは叩けたかと思ふ。

今回「みゃつんと」だったのは、ひとえに「ライブ感の鈍り」なのかな、と感じる。

日本では毎月ライブやってたし、本数もこなしてきた。
客が一人しかいないステージでもやったことあるし、全然違うジャンルのバンドと対バンしたこともある。
すべては血となり肉となってきていた。

今回のライブ、約2年ぶり。

ライブ前、結構皆緊張してたし、はやる気持ちも手伝って、演奏が走り気味だった。
バンドとしての音の固まり具合も、いつもの練習より若干ゆるかった気がする。

ライブ感が鈍っているな、と。
ライブだからこそのグルーブや、ライブだからこその音のひろがりが、まだまだ放出できてないな、と。

ただ、単純に楽しかったし、充実してたし、次につながるライブになったと思う。
店の外人オーナーには「お前ら、平日だったら場所無料で貸してやるから、企画持ってきなYo!」って言われたし、お客さん(タイ人やら日本人やら欧米人やら)の評判もそれなりに上々。

さて、次、もっといいライブをやろう。

で、次はいつだろう。。。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/227-b53ccf88



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。