脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


サバーイディーボ
sabaai.jpg
ひさしびさしにタイ映画を見てきました。

「sabaaidii luangprabang」

ラオス人の父とオーストラリア人の母を持ちつつも、育ちはタイというハーフの男前と、ラオスで生まれ育った素朴で清楚な卵肌との恋物語。

細かい話は実際に映画を見てもらうとして、なんだかホッとするような映画でした。

出演者の表情も仕草も、物語も、映像のなかにある景色も、なんだかほんわかほんわかしていました。
かといってだれた雰囲気はなく、終始清々しい空気に包まれた映画でした。

つい先日ラオスにいってきたのですが、そのときの感想は「うわ、もう、ホントいいや、ここ。」。
でも、この映画見ると、「いや、ちょっとよさげだな、ラオス」と思わせるので不思議なものです。

また、来週も個人的に期待を寄せているタイ映画が公開されるので、見にいってこようと思います。

そういえば、やっと最近、字幕無しでもほぼ意味がわかるようになってきた。
人間、耳慣れれば、全然知らない言語でもなんとかなるもんなんですね。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント
もう字幕ナシでもなんとなく分かるレベルですか?語学センス高いですねー。
英語すら僕はダメなので・・・・・。
【2008/06/13 12:08】 URL | ボンド #- [ 編集]

いえいえ、そんなこと全然ないっす。

劇中、半分くらいはラオス語なので、そこにはタイ語と英語の字幕がついていました。

ただ、タイ映画(音声:タイ語、字幕:英語)のほうが、アメリカ映画(音声:英語、字幕:タイ語)よりも理解できます。
英語の聞き取りはいまだに全然できません。。。
タイ語も、字幕読みきる前に画面変わっちゃいます。。。
【2008/06/13 14:33】 URL | geene #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/229-097549a4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。