脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


タイの日常のひとコマ
銀行にいってきた。

最近為替レートがいい。
ボクがタイに着いた当初は、確か3200THB/1万円だった。
それからみるみるうちにレートが悪くなっていき、2700だか2800くらいまで落ちた。

で、最近は3700~3800で推移。

留学生時代。
日本でためた金を切り崩しながらの生活。
1万円で2700~2800。

今。
バーツで給料が支払われており、両替する必要のない生活。
1万円で3700~3800。

で、日本から持ち込んだトラベラーズチェックがまだ残っていたので、このレートがいい時期に変えてしまおうと。
給料もらえる立場だし、取り急ぎお金を要することもないんだけど、T/C持ってても仕方ないんでね。

ということで、両替して、そのまま銀行に預けました。

窓口のお姉さんに「預け入れお願いします」って言ったら、「日本人ですか?」と。
「はい、日本人です」と答えると、「会社に友達はいますか?」と。

ん?なんでそんな質問するの?と思ったのだが、どうも、この銀行が発行(提携?)しているクレジットカードを、ボク含めてボクの友人に勧めたいらしい。

「会社には上司だけで友人はいません。」と答えると「彼女はいますか?」と。
「給料いくらですか?」「この近くで働いてるんですか?」「タイにはどれくらい住んでるんですか?」と。

最初、一人しかいなかった窓口担当は、気付くと5人くらいになっていた。

しまいには「明日、この書類持ってきてください。そうすればクレジットカード作れます。で、ここに電話番号書いてください。」と。
「明日こなかったら電話しちゃうからね、ウフ。」と。

明日行く気はないのだが、さて、本当に電話がかかってくるのか?
この物語の行方は?

--------------------------------------------------------------

次回「なに!?タイで悪徳商法の餌食に!?」の巻。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/257-75d473c1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。