脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


太陽王
ルイ14世が「太陽王」として君臨し、絶大なる力を誇っていた16世紀のフランス。

当時、カカオ豆は甘味というよりも薬剤として扱われていた。
主に風邪などの症状に即効性があるいわれており、医学の発達が遅れていたフランスでは大変重宝されていた。

時は同じく16世紀。
「死の病」として何万人もの死者を出し、人々に恐れられていた結核が大流行した。
当時は原因不明の不治の病とされており、初期の症状が風邪に似ていることから、カカオ豆が処方されていた。

ヴァレンタイン夫人がカカオをすり潰し、砂糖を混ぜたものに熱湯を注ぎ、今でいうココアのようなものを考案したのは、甘いもの好きなヴァレンタイン伯爵のためであった。

ヴァレンタイン伯爵は「死の病気」に体を蝕まれており、その症状は既に末期に達していた。
少し体を動かそうとするだけで、激しい咳と吐血に見舞われる。

ヴァレンタイン夫人はただの風邪ではないことを察知していた。
だが、ヴァレンタイン伯爵の痛みを少しでも和らげるため、薬剤としてのカカオを甘めに味付けし、飲みやすいように液体状にし、毎日毎日伯爵に飲ませていた。

伯爵も、余命が長くないことに気付きながらも、夫人がつくってくれるカカオスープを飲み、「明日にはもう歩けるようになる。また一緒にあの丘へピクニックに行こう。」と、夫人に微笑みかけていた。



カカオスープには、伯爵と夫人の、ほんの一縷の望みが宿っていた。



だが、病の力には抗し難く、病は一縷の望みごと飲み込んでいった。

伯爵が最後に夫人のつくったカカオスープを飲んだ日。
1694年 2月 14日。


























































全部嘘デス。



2/14、いつもいってる練習スタジオ近くのミュージックバー「White Out」でライブしてきました。

20090214_WhiteOut.jpg

今回のライブを持ってきてくれたのは、つい先日知り合った例の塩沢です。

「もしもゴホッゴホッ(咳)、じんさゴホッゴホッ」
「おいおい、大丈夫?」
「全然だいじょうゴホッゴホッ」

っていう出だしで始まり、つまりは2/14にライブあるんだけど出演してみない?と。

このお店の企画で、「Bear Garden」っていう、インディーでは結構有名なバンドとの共演。

14-02-09_2344.jpg

我々も久しぶりのライブだったので超楽しみにしてました。

友人もたくさん見に来てくれ、また、音楽関係者の人たちにも見てもらうことができ、色々と収穫のあるライブだったと思います。

実際、ライブ終了後に「デモCDください」って人が結構いて、ほぼ手元になくなりました。
見に来てくれた友人も、「よかったよー。デモCDちょうだい!!」っていうんであげました。
で、「じゃー帰るね」っていって、あげたデモCDをすぱーっと机の上に置いて帰っていきました。

ボクはあなたが大好きです。
ココアスープ飲んでください。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント
是非、拝聴したいです♪
【2009/02/18 23:46】 URL | metalなタイ人B #d5ek2Tk2 [ 編集]

ありがとうございます!!

ポストロック的なアプローチをしてるロックバンドがポップロックをまねてみてるような音をやってます。
【2009/02/25 02:29】 URL | geene #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/263-12ce4321



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。