脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


Battles
Battles_Flyer_WEB.jpg

そのときだけ時間が凝縮していた。

目の前にあるのに、夢のなかにいるようだった。
本当に目の前にあった。手を伸ばせば、触れられる位置にいた。

まさか、バンコクでBattlesを見れるとは思わなかった。
Battlesをはじめてみたのは、数年前の渋谷AXでのことだった。
そのときはThe Mars Voltaの前座で来ていたのだが、いや、もうメインをすっかり食うくらいの衝撃だった。

それから時は流れ。

シンガポールにVISAとりにいったときに、ニューアルバムがでているのを知った。
そのときは買えなかったんだけど、チャトゥチャックのマイナー音楽を取り揃えているCD屋で買えた。
EP C、B EPを聞いたときも衝撃だったんだけど、Mirroredもそれを凌いだ。

バンコクにライブをしにくると、友人に聞いた。
もう、そのときから興奮は始まっていた。

また、見れる。
しかも、ここ、バンコクで。

小さな箱だった。
300人はいれば満員のような箱。
ステージは狭く、6畳もなかったんではないだろうか。 ◘
もちろん、ステージと客席を隔てる柵のようなものはない。
だから、もちろん、一番前、本当に目の前に陣取った。

Battlesが始まる。

21-03-09_1956.jpg
21-03-09_2004.jpg
22-03-09_0028.jpg
22-03-09_0034.jpg
22-03-09_0048.jpg
22-03-09_0045.jpg
22-03-09_0129.jpg

目の前にいる。
生音で聞こえてくる。
芯に響いてくる。
それだけに集中する。
一挙一動を見つめる。
日常のすべてを忘れる。
体内の水分が蒸発する。
喉の渇きを覚える。

1時間半。
そのときだけ時間が凝縮していた。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/271-7425a5e8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。