脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


生命の旋律 vol.03
10/22 Melody of Life
●出演
 ・Lemon Soup
 ・SLUR
 ・SLEEPING SHEEP
 ・LULLABY
 ・PALMY
 ・Modern Dog
 ・Boyd
  他多数。。。



今回のは、かなり規模の大きなイベントで、3日間、昼から夜までアーティストがかわるがわる出演する。

会場は、これまたChit Lomにある最新商業デパート「World Central」。
その屋外に特設ステージが組まれ、屋内にも2つほどステージが組まれている。
このイベント、電話会社大手の「true」が提供しており、入場料などはまったくNothing。
いやいや、太っ腹なことで。ありがたい。

ボクは3日目の夕方から参戦したのだが、面子がこれまたすごい。
PALMY、Modern Dog、Boydなどなど。。。日本でいうと、浜崎あゆみクラスと、Mr.CHILDRENクラスと、桑田圭介クラスなどのステージをタダで見れるような感覚。

今回は、一番インパクトに残ったPALMYのライブのみ感想をば。



日がもうとっぷりと暮れて、照明の明かりだけが辺りを照らすような時間帯。

最新アルバムの一曲目のイントロが流れると、客席からは張り裂けんばかりの大歓声。
そしてその歓声を身に纏うようにして、彼女は登場した。

再び夕陽が昇ったのではないかと思わせるほどの華々しさ。
それでいて親近感があり、スタッフが用意した靴もそっちのけで、裸足でステージを駆け回る。

客席に近づいては独特のダンスを披露し、またすぐにバンドのほうに戻り、そしてまた客席に戻ってくる。

彼女の屋台骨を支える演奏陣のレベルは、いままで見てきたライブの中で最高レベル。
演奏面はもちろん、音作りやキレのよさは「これぞプロ」の一言に尽きる。

そんな屈強な演奏をバックに、体から溢れ漏れるオーラを観客へ降り注ぐ。
スプリンクラーのように、遠くまで、しとしとと、それでいてしっかりと。

ステージの屋根を突き破らんばかりに歌い上げ、地面を叩き割らんばかりの客席に呼応する。
目をむけ、手を伸ばし、精一杯の力を使って客をステージに引き込んでいく。

きっと30分ほどのステージではあったのだろうが、南国のスコールのように一瞬のうちに終わってしまった。



「Melody of Life = 生命の旋律」を感じられた夕方、プライスレス。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント
PALMYみたかったな~

もう丸2年ベース弾いてませんがなにか?
でも部屋には、ZO-3(トレモロアーム付)がありますがなにか?
そのZO-3も、1弦が切れてもう一ヶ月ですがなにか?

今度バンコクに移住するときは、日本からベースもってこようかな?(3万円で買ったスタインバーガーのコピーモデルの中古)
【2006/10/30 19:26】 URL | mt908 #- [ 編集]

トレモロアームがついてるんすか!?
ZO-3にそんなモデルがあったとは。。。

ベースを入手したら、ぜひスタジオはいりましょう!!
【2006/11/08 00:58】 URL | geene #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/41-152bb6d2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。