脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


お金の持っていきかた
今までは長くても10日間くらいの滞在だったので現金を持っていってた。
んで、現地(タイ)の銀行で両替をしていた。
短期だったのでそこまで大金を持っていかず、常に全額を持ち歩けたので、現金で問題なかった(もちろん、持ち歩く際には落とさないよう and すられないよう注意していた)。

が、今回は長期留学。それなりの大金を持っていく必要がある。

ということで、どうやって現地での生活費を持っていくかを考えた。

まずは両替時のレートを調査した。
小額の両替だったらレートが違ってもたいした差はでないが、多額ともなるとちょっとね。差がね。

以下、レートのいい順番。

 1. 現金を現地の闇両替商で両替
 2. 現金を現地の両替商で両替
 3. T/C(多額)を現地の銀行で両替
   (T/C発行手数料+現地での手数料込で算出)
 4. 現金を現地の銀行で両替
 5. T/C(小額)を現地の銀行で両替
   (T/C発行手数料+現地での手数料込で算出)
 6. 現金を日本の銀行で両替

うーん、やっぱ現金持込が一番レートいいなぁ。。。

かといって、多額の現金を常に持ち歩くわけにもいかないし、現金をそのまま家に放置プレイも危うい。すられたり、盗まれたりしたら一環の終わりだし。

ということで、T/C(多額)で持ち込むことにした

盗難があったとき再発行可能だし、自分の署名がないと両替できないし。
手数料取られたり、レートが一番良くなくても、安全を買ったと思えば安いもんだ。
まぁ、もちろん現金も多少持ち込むけど。

早速T/Cの購入方法を検索。
通常、T/Cには発行手数料がかかり、申し込む額の1%がそれにあたる。
が、検索したところ、「セシール」が0.7%の手数料で発行してくれるようで、ここで申し込んだ。
※セシールのURLはこちら

代金を払い込むと2,3日後に郵送されてくる。送料無料で、しかも配達記録郵便というやつなので、郵便物がどういう状態にあるかリアルタイムに知ることができる。
うーん、ナイスサービス。

俺の場合も、申し込んですぐに届いた。
届いたら、「署名欄」に早速署名(「署名欄」は二箇所あり、片方は受け取ってからすぐに、もう片方は両替するときに記入するみたい)。

だけど、多少の現金とT/Cだけだと、もしものことがあったときに不安があり。
ただ、新生銀行のキャッシュカードがあるので、もしものときはそいつで補完。

ということで、「多少の現金」「T/C(多額)」「新生銀行のキャッシュカード」を持ち込むこと決定。

これで当分は生活できるかな。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント
こんにちは、geeneさん。タイでタイ語の勉強をしているthaithanaaと申します。
最近このページを見つけました。できたばかりのページ、これからタイに来られるという事で、私の知らない、いろいろな事もかかれるんじゃないかと思い、興味深く拝見させていただいていました。
今回の記事ですが、現地で銀行のキャッシュカードを作ると言うのはどうでしょうか?バンコク銀行ならパスポートのみで作れましたよ。まあ、そういう選択肢もあるという事で。
では、これからもブログがんばってください。
【2006/07/28 04:21】 URL | thaithanaa #- [ 編集]

こんにちは!

現地でキャッシュカード、一番安全そうですね。片言ながらも、ちょっと挑戦してみます。
情報、ありがとうございます!!

今後ともよろしくお願いいたします<(__)>
【2006/07/28 15:41】 URL | geene #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/6-810e46e3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。