脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


授業の進み具合 レベル6 第3日目
さて、3日目。

授業にも新鮮味があり、精神力的にもまだまだいけるはずなのに、起きたら朝9時。。。
えっと、9時から12時までの授業なので、すっかり遅刻ですね。

ということで、学校に電話し、今日の授業を午後に変えてもらう。

午後のクラスにはかつてのクラスメートたちがひしめいているので、それはそれで会うのが楽しみ。
っていうのを自分への言い訳にして、ノコノコと午後のクラスへ。

午後のクラスすら遅刻したボクは、さらにノコノコと、すでに授業が始まっている教室に。

と、そこには、あれ?松村君?

午後は松村君がレベル6を教えてるみたいです。
相変わらず解りやすい説明と例文でございました。
ありがとうございました。

ってことで、今午後のクラスに変更するかどうかを考え中。
やっぱ教えてくれる人によって理解度が変わってくるし、同じ授業料ならいいクルーのほうがいいしね。

サモハンとは2日でお別れか。それもまた、運命。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/70-8791e743



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。