脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


あ、飛行機チケット入手
予約していたチケットを、今日入手してきた。

チケットが刷り上るまで、店員のお姉さんとちょっとおしゃべり。



「タイ語習ってるの?」

「今日は名に習ったの?」

「自分の名前をタイ語で書ける?」



などなど。

で、



「タイ語で名前を書いたことがない」



といったら、



「じゃー、書いてあげるから、名前なに?」



と聞かれ、名前を答えると、それに当てはまるタイ語を記入してくれるお姉さん。



「はい。こうやって書くんだよ。」



と、ボクに渡してくれた紙の裏には、他のお客さんの電話番号とメアドが。。。



「もらっていいのかなぁ」と思いつつも、刷り上ったチケットと、なんだかわからんがクリスタルの置物みたいなのと一緒に、個人情報が裏に書いてあるボクの名前入りの紙をカバンにしまいこんだ。

クリスタルの置物は、開店記念のプレゼント、ってことみたい。

なかなか立派な置物で、立方形のクリスタルのなかに、象の形が掘り込まれている。

一緒にもらった箱もなかなか立派だなぁ、と眺めていたら、箱の底に値札はりっぱなしだよ、ママン。。。

と、電話が鳴る。



「もしもし。さっきの旅行会社のものです。さっきあげた紙に書いてあった電話番号を教えてもらえますか?」



だってさ。

うふふ。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/81-a8b6dd5d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。