脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


日本での生活
日本に帰国し2週間ほどがたった。

いやぁ、便利だね、日本。

なにが便利って、まず皆が日本語を使うから、何するのでも気楽に質問できる。
道を歩くときに、下を見なくてもいい(バンコクだと下見て歩かないと、アスファルトの裂け目に足を取られたり、剥き出しの水道管に躓いたりする)。

便利、というか、合理的、っていうのかな。
なんか、いろんなモノが合理的に作られている気がする。
なるべく人の労力を使わなくて良いような作りになっている、っていうか。



例えば電車。

だいたいの駅は、改札からホームに到着すれば、その到着したとこから電車に乗れる。

BTSの場合、改札を抜けてすぐの階段からホームへ上った場合、少し引き返してからじゃないと電車に乗れない。

余計に歩かなくてはいけない構造。



デパートもそう。

例えば、1階から2階にエスカレーターであがったとする。
あがったとこに、3階へのぼるエスカレーターがある。

バンコクだと、パラゴンやセントラルワールドなど、「うちはアジア最大級の面積を誇るデパートっすよ」っていってるとこほど不便。
1階から2階にエスカレーターであがったとする。
あがったとこには3階へのぼるエスカレーターがなく、一回反対側にまわらないと3階へのぼるエスカレーターがない。

余計に歩かなくてはいけない構造。



とまぁ、これはちっさいことだけど、そんなちっさいとこでも、積み重なれば大きな差となる。



が、そんな非合理的な街であるバンコクが、文句をいいながらも好きだったりする。

席についても注文をとりにこないから、呼んだのにそれでもこないウェイター。
間違えたことしても、照れ笑いしてなし崩し的になにもなかったことにする旅行代理店の店員。
客がずらっと並んでいるのに、片づけをするはずの本棚で本を読んでるコンビ二の店員。
試供品でずっとメイクして、みるみるうちに厚化粧になっていくコスメショップの店員。

そんなたゆっとした雰囲気を見るのが、(いらつくことも多々あるが)なんともいえないゆったりとした気分にさせてくれる。



日本滞在もあと2週間ばかり。

あ、そういえば、あれもやんなきゃ、これもやんなきゃ、ってのが山積みで、バタバタと過ぎていくんだろうなぁ。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー


この記事に対するコメント
はじめまして
はじめまして、けんたろう@毎月100万稼ぐ男と申します。

今回はコメント廻りにお邪魔させていただきました^^

ネットで月100万稼ぐ方法をブログで解説しています。

興味があればご覧ください。

読者12000名の無料メールマガジンも配信しています。
http://www.mag2.com/m/0000214347.html

突然のご訪問失礼いたしましたm( __ __ )m

今後ともよろしくお願いいたします。


けんたろう
【2007/03/23 06:55】 URL | けんたろう@毎月100万稼ぐ男 #- [ 編集]

みつけちゃったよje☆
楽しいblogだね。タイ気分もあがってきました。
ランチタイム終わったけど小さいウィンドウで
こっそり見てます。
【2007/03/28 14:15】 URL | namih[絵文字:i-258] #- [ 編集]

あ、みっかっちゃった!

これからもなんとか更新していくんで、ご声援のほど。。。
【2007/04/05 15:06】 URL | geene #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://geene.blog58.fc2.com/tb.php/90-f098d4e1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。