脱サラしてバンコク留学
脱サラしてバンコクへ留学する漢の物語風実話。
プロフィール

geene

Author:geene
東京出身の30歳です。

このblogは、これから海外へ(特にタイへ)留学しようと思っている人のため、少しでも参考になればいいなと思い立ち上げてみました。
ただ、あくまでも私個人の経験談ですので、すべての人が同じようにすれば同じようにいくとは限りません。あしからず。

ご意見、ご質問などは遠慮なく。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


日本のハードコア
まずはこの記事を読んで欲しい。







山武市出身の歌人で小説家の伊藤左千夫(1864~1913)をしのび、短歌に親しむことを目的にした第57回左千夫短歌大会(同市主催)が18日、同市殿台の成東文化会館のぎくプラザで開かれた。小中高校生と一般の各部で作品を募集し、今回は過去最多の2987の応募があった。高校生の部ではゴリラの孤独を表現した県立成東高校2年菱木俊輔君(17)の作品が市長賞に輝いた。

 「ぼくゴリラ ウホホイウッホ ウホホホホ ウッホホウッホ ウホホホホーイ」

 昨年春、千葉市内の動物園でゴリラを見て、「ゴリラも人と同じように孤独なのではないかと感じた」そうで、その孤独感を表現したかったという。ゴリラのイメージを文字で表すなら「ウ」と「ホ」だったので、そのふたつでまとめるようにした。書き始めて30分ほどで完成したという。選者の田井安曇さん(78)は「素手でつかんだ本音を歌っているユニークないい歌だ」と評価する。

 国語の授業でつくり、応募した。入賞の知らせを聞いた時は「まさか、と思った。先生は何かの間違いかと思ったそうで、友人からも奇跡だといわれた」。バレーボール部員で、得意科目は数学と国語。短歌は「これからも何かの機会があれば作るかもしれない」と話していた。

 大会では各部での入賞作品が表彰された。田井さんは「小中学生にも新鮮な感覚の作品があり、左千夫も喜んでいるでしょう」と話していた。







よし、じゃー、一個一個見てみるね。



>昨年春、千葉市内の動物園でゴリラを見て、「ゴリラも人と同じように孤独なのではないかと感じた」



ゴリラの孤独。
しかも、感じたのは去年の春。
結構長いこと覚えてたんだよ、作者は、ゴリラの孤独を。
よっぽど寂しそうにしてたんだろうね、ゴリラ。
1年近く人の脳裏に焼きついてるくらいだもんね。



>ゴリラのイメージを文字で表すなら「ウ」と「ホ」だったので、そのふたつでまとめるようにした。



「ゴリラのイメージを文字で表すなら」ってのもなかなか斬新な考え方だけど、それを「ウ」と「ホ」の二文字だけで表現しようとしたのも斬新。

でも、、、



>「ぼくゴリラ ウホホイウッホ ウホホホホ ウッホホウッホ ウホホホホーイ」



最後、「イ」って。
「ウ」と「ホ」だけじゃないじゃん。

しかも、最後の「ウホホホホーイ」ってさ、元気な感じだよね?
あんまり孤独感を感じられないのだが。

むしろ、結構ゴリラは上機嫌なんじゃないか?



>入賞の知らせを聞いた時は「まさか、と思った。



そうだろうね。
ボクもそう思った。



>先生は何かの間違いかと思ったそうで、



そうだろうね。
でも、もうちょっと自分の生徒を信じようね。



>友人からも奇跡だといわれた」。



そうだろうね。
(おそらく)馬鹿にしていた短歌が市長賞とっちゃったんだもんね。



>短歌は「これからも何かの機会があれば作るかもしれない」と話していた。



早くも巨匠の風格。



久しぶりにハードコアな記事でした。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


カチョン
09-10-08_2334.jpg

カホン。
タイ人はカチョンと呼ぶその楽器を、ついにボクは手に入れた。

思えば長いことこの楽器に思いを馳せていた。
憧れていた、といっても過言ではない。

ある日、タイ人従業員と一緒に車に乗ってお客さんのところへ向かっていた。
客先での用件を済まし、オフィスに戻る途中、同行していたタイ人マネージャーが言った。

「この近くに、パーカッションを作っている工場がある」

と。

このタイ人マネージャーもボンゴやコンガなどのパーカッションを嗜んでおり、なんでも以前ここの工場でボンゴを購入したらしい。
聞くと、カホンもあるとのことではないか。

オフィスに戻ってからすぐに会議があるボクとしては、とても心が揺り動かされた。
ただ、その工場へ遊びにいってしまうと、確実に会議に遅れてしまう。
なので、ボクは迷うことなくパーカッション工場へ向かうことにした。

数分後、パーカッション工場に着く。
「工場」とは名ばかりの、完全手作業場。
近所で暇してたからお茶飲みきたついでにちょっと手伝ってる的タイ人おばちゃん10名ほどで、せっせとパーカッションを作っている。

完成品はヨーロッパなどに輸出され、有名ブランドであることも手伝って、それなりの高値で取引されているとのこと。

おばちゃん、あんたのその汗と涙がユーロになってるんだよ。

ボクはその日にカホンを買う気満々だったんだけど、完成品がなかったらしく、その日はお預け。
で、タイ人マネージャーがまたそこに行くって言うんで、ついでに買ってきてもらった。

ケースと合わせて3000Bちょっと。

いやぁ、いい買い物した。
部屋では思いっきり叩けないけど、インテリアとしても機能するし、椅子としても使える。
ってか、叩かないと意味ないんだけどね。

ちょうどアコースティックな感じの曲を作ろうと思っていたので、曲作ってスタジオ持っていって使おうと思います。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


ワンメー
今日はタイのワンメー(母の日)。

ということで、お寺にタンブン(直訳:徳をつむ、意訳:お祈りする)行ってきました。

なぜか寺の入り口には牛が数匹。
モーモーいいながら草を反芻してました。

お布施をして、タンブンセット(ロウソク・線香・金箔・花)を手に入れ、タンブンしつつ仏陀にお祈りをする。
また、身寄りの無い人に棺おけを贈るための寄付などをし、タンブン終了。

日本にいる母と恩師の健康・幸福を祈ってきました。



人生とは難しいもので、

自分が好かれたい人に、必ずしも好かれるわけでなく、

自分を好いてくれている人に対して、同じように好くことができるわけでなく、

心の向くままに進まない。
これは男女間のことだけでなく、友人同士でも、仕事仲間でも、自分のしてきた行為でも。

こうして、見返りを求めたり、お返しのこと考えて圧迫を感じたり、そうしているうちは、幸福ってのは瞬間的なものでしか感じられないのかなぁ、とふと思った。

見返りを望まず、お返しに気負わず、いつしかそんなふうに進むことができたらなぁ。

そんなことを思った母の日@タイランド。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


サイアム夜市で満足を買い足す
先日カバンを盗まれたという記事を書きました。

そのなかには色々とモノモノがはいってました。
で、そのモノモノを、現在買いなおしているところなんです。

ひとつ買うごとに、悔しさを忘れ、むしろ、新しいものを買うきっかけができてよかったとさえ思うようになってきています。

ただ、MP3や、ドラム練習用の靴(Nike製 本物)、リュックサック(NorthFace 本物)などは、それなりに値の張るものなので、おいそれと買えていない現実があり。

ただ、この上記3点は、高価なものだけあって、やはり重要なもの。
ということで、買い揃えようとしています。

まずは、MP3。
とりあえず携帯で代用利いているので、後回し。

で、靴。
adidasの軽くてドラム叩きやすそうな靴を買いました。

で、カバン。
BackStageの大きめのリュックを買いました。

bkst01.jpg

bkst02.jpg


このリュック。
サイアムの夜市で買ったセカンドハンズ品なんです。
売り子のおっちゃんいわく、日本からの流出品らしいです。

それにしても、超安かった。


talaat_siam01.jpg

talaat_siam02.jpg


このサイアムの夜市、センターポイントが閉鎖したあたりから、夜な夜な市場が開かれるようになりました。

場所はパラゴンなどのデパート郡の向かい、サイアムスクエア側の道路に面した通り。

衣服、アクセサリー、かばん、靴など、ファッション系のものものが揃っています。

サイアムの夜市なだけあって、オサレ、しかも安い。
チャトゥチャックでみかけたことのあるオサレブランドも出店してました。
客もオサレな若人だらけです。

でも、本当はadidasの正規取扱店で見たカバンがかっちょよかったんだよなぁ。
買っちまうか、あれも。

そして、最近新しいメガネも欲しい。

嗚呼、物欲がノンストップ。。。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


実はね、
実はね、携帯電話、新しいの買っちゃってたんです。
ほんの2ヶ月前くらいに。



思えば来タイ当初。

タイでの携帯事情に疎かったボクは、「日本では0円でもらえる携帯に、数万円も払いたくない」と、安い携帯を買ったのでした。
タイは日本と違い、携帯本体と契約体系は別売りなので、携帯本体をまず買い、それから契約する会社を選びます。

なるべく安く、かつ、使いやすく、かつ、かっこいいものを選びに選びました。



買って約1ヶ月後、ウィークエンドマーケットでぱくられました。



二代目。二台目。

もっと安い携帯にしました。
とりあえず、予備で使う予定が、いつのまにか愛器になってました。
分厚く、カラーですらなく、カメラなどの機能は一切なし。
会社の同僚とランチにいくと、「恥ずかしいからオマエのその携帯は机の上に置くな」といわれる始末。

ただ、なかなか携帯を変えるタイミングがなく、ずっとこの愛器を使い続けるのかなぁ、と思った矢先。



SIMカード(携帯電話の番号などが入ってるカード)、壊れる。。。



このタイミングで、買うことにしました、携帯。
で、買った携帯。

Motorola L72 という機種。

MOTOROLA-L72-STONE-GREY.jpg
※写真はイメージです

シンプル かつ 高性能。
電話聞き取り感度もよし。
カメラ、ビデオ、ラジオ、音声録音など、いろいろついてます。

まったくもって、使いこなせていません。
使う気もありませんでした。

つい先日までは。。。



実はね、先週土曜日、カバンぱくられました。

毎週土曜のスタジオが終わってから、スタジオ近くの飲み屋でメンバーと閉店近くまで飲んでました。

で、まだ飲み足りないということで、場所を移動して、スクンビット通りの屋台みたいなとこで飲み続けてました。

自分の後ろにカバンをおいていたのですが、ふと、後を振り返ると、そのカバンがない。。。
結構大き目のリュックサック型なので、「あ、落ちたのかな」と回りを見てみるも、ない。。。

いやぁ、やられちゃいました。。。油断してました。。。

今、ぱくられたものを、順次買い揃えているんですが、なかでもちょっと値のはるものに関しては、購入時期を考えているんです。

いや、MP3プレーヤーとかもさ、はいっててね。
このMP3でスタジオ録音とか、音楽鑑賞とかしてたわけです。



今、この機能(音楽鑑賞、録音)を携帯でなんとかできないかな、と。
施策しているわけです。

思わぬところで役に立つか、俺の携帯!?



実はね、3ヶ月前くらいに、中華街で財布をhんjdkんfdghjdんhkhkgdんhgdkfhgmふぃじょsdぬbkんぎlsksfjんshkgdhm

[PR] 台湾ワーキングホリデー


ガタ
ムーガタにいってきました。
友人を誘い、計10名ほどで。

いや、前々からね、やろうと思っていたことがありまして。
で、それを実行したわけです。








tare.jpg
日本のタレ




muugata.jpg
タイのガタ





題して、「第一回 日タイ親善企画 初めての共同作業」。



日本からのタレたちでムーガタを食す、と。
友人やら、会社の上司やらが寄付してくれた宝物たちです。

ムーガタをね、エバラでいただくと美味いんです。
鍋部分で煮込んだ野菜をね、ポン酢でいただくと美味いんです。

ちかいうちに、「第二回 日タイ親善企画 初めての共同作業」、開催予定です。
まぁ、「第二回」っていってる時点で「初めて」ではなくなってるんだけどね。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


ひさしびさしの中華街
ひさしびさしに中華街へいってきた。

いつもいく連蓬(こういう字だっけ?)みたいなおばちゃんがマネージャーやってる海鮮タイ料理屋。
海老の丸焼き、海老すり身揚げ、海老チャーハン、トムヤムクンなど、海老尽くしの献立。

そのあとは、これまた恒例のブアローイ屋台でブアローイを食す(ブアローイ=生姜汁にゴマ団子をいれたお菓子)。

たまにはいいですね。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


平凡でたゆたう
日曜日。

することがないから、ゆっくりと睡眠をとってからゆったりと起きる。

ひとしきり部屋をふらつき、サイアムへ出かける。

サイアムのコーヒー屋で外を見ながら時間を眺める。

MBKまでふらふら歩いて、ご飯を食べて、マッサージいって、家帰ってオレンジジュースを飲む。

日曜日。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


うわ、川になった。
ボクの住んでいるソイ(道)は水はけが悪い。

どれくらい悪いかというと、関根勤が深夜の素人をいじる計の番組にでているときに、その素人を嬉しそうにいじめているときくらい悪い。

今日も南国っぽいスコールがどばっと降ってきた。
ほんの15分ほどであろうか。
雨はやんだが、道は川になってた。

こりゃどげんもできん。

そんな月曜、タイは休日、今週激務。

[PR] 台湾ワーキングホリデー


なんか、
今年はいろんなことがうまくいかない。

財布盗まれたり、ものごとが思い通りに進まな過ぎたり、とくかくうまくいかない。

同じ歳のタイ人にその話をしたら、「今年のうちらの歳の運勢は最悪。これから起こる不吉なことは、こんなもんじゃない。」だとさ。

おいおい、やめてください。
そんな一日。

[PR] 台湾ワーキングホリデー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。